UQモバイル乗りかえたぞ日記

UQに乗りかえるまでと、乗りかえてから。

《最終決戦》ワイモバイル vs UQモバイル

ワイモバイル vs UQモバイル

最後はワイモバイルとUQモバイルのサブブランド対決。(ワイモバイルはソフトバンクの、UQモバイルはauのサブブランド)

サブブランドの特徴をひとことで言うと、「料金はちょっと高いけど通信速度は速い」。その他の格安スマホと大手キャリアの中間のような存在です。

サブブランドとその他の格安スマホ会社

料金と縛りはまったく同じ

2社の代表的なプラン「スマホプラン」と「おしゃべり/ぴったりプラン」を比べると、料金と縛りはまったく同じ。

ワイモバイル
スマホプラン
料金 UQモバイル
おしゃべり/ぴったりプラン
S
容量3GB
1年目:1,980
2年目:2,980
3年目:3,480
(増量オプションを継続する場合)
S
容量3GB
M
容量9GB
1年目:2,980
2年目:3,980
3年目:4,480
(増量オプションを継続する場合)
M
容量9GB
L
容量21GB
1年目:4,980
2年目:5,980
3年目:6,480
(増量オプションを継続する場合)
L
容量21GB
どのプランも 2年縛り
(契約期間中に解約すると9500円の解除料)

ちなみに3年目の料金は、データ量が増量される「増量オプション」を継続する場合の料金。↓の料金イメージのように、3年目から「増量オプション」が有料になります。

ワイモバイルの料金イメージ

「スマホプランS」の料金イメージはこんな感じ。

2年目はワンキュッパ割がなくなって千円高く、3年目は増量オプションが有料になって500円高くなる

UQモバイルの料金イメージ

「おしゃべり/ぴったりプランS」の料金イメージはこんな感じ。スマトク割やら長期利用割引やらちょっとややこしいけど、最終的な料金はワイモバイルと同じ

2年目はイチキュッパ割がなくなって千円高く、3年目は増量オプションが有料になって500円高くなる

ここが違う

じゃあどこが違うかというと、大きな違いはこのあたり。

ワイモバイル
スマホプラン
違うところ UQモバイル
おしゃべり/ぴったりプラン
ソフトバンク回線 回線 au回線
10分かけ放題 無料通話 5分かけ放題
または月60〜180分の無料通話(ぴったりプラン)
できない データ繰越 できる
あり 通話し放題プラン なし
できる LINEのID検索 できない
ワイモバイルのいいところ
  • 無料通話時間が長い
    UQは5分だけどワイモバイルは倍の10分。
  • 通話し放題プランがある
    無制限で通話し放題の「スーパーだれとでも定額」がある。格安スマホで通話し放題があるのはたぶんワイモバイルだけ。
  • LINEのID検索が使える
    この記事のQ4にあるように、ワイモバイルはLINEの年齢認証ができる(=ID検索が使える)。
UQモバイルのいいところ
  • 通話プランが柔軟
    5分以内かけ放題のおしゃべりプランの他に、月60〜180分の無料通話が付いたぴったりプランがある。
  • データ繰越できる
    余ったデータ容量が翌月に繰り越せる。

全体的に見ると、ワイモバイルの方がいいところが多いかな〜。

結論

甲乙つけがたいけど、↓の理由でUQモバイルに決めました。

月●分無料というプランが自分の使い方にフィット、ソフトバンクから乗り換えの場合iPhoneが安い、一度ソフトバンク以外の回線を使ってみたかった

「◯分以内かけ放題」よりも「月◯分無料」という通話プラン(ぴったりプラン)の方が自分に合っていたのと、iPhone が少し安かった(ソフトバンクから乗りかえの場合)のが決め手です。

今回はたまたま自分の条件に合っていたのがUQだったけど、電話をよくかける人にはワイモバイルの方がおすすめです。