UQモバイル乗りかえたぞ日記

ソフトバンクからUQに乗りかえるまでと、乗りかえてから。

UQに決めるまでの道のり

UQへの道のり

このブログ名からわかるとおり、最終的にはUQモバイルに乗りかえたんだけど、どういう流れでUQに決めたのかを参考までに。

ソフトバンクからの乗りかえ

乗りかえる前はソフトバンクの4年モノのiPhoneを使ってて、月々の料金は8,424円(税込)でした(スマ放題+データ定額5GB)。 これを格安スマホに乗りかえて、できれば料金を半額くらいに、iPhoneも新しくしたい!というのが今回の希望。

乗りかえと一緒にiPhoneも新しく

候補は利用者の多い会社から

あんまりマイナーな会社は心配だし、候補がありすぎても選びきれないので、無難に利用者数の多い会社から選ぶことに。

あんまり候補が多いとメンドクサイから、シェア上位の10社から選ぼう。

格安スマホ会社のシェアを参考に、今回乗りかえの候補にしたのは「楽天モバイル」「mineo」「OCNモバイル」「UQモバイル」「IIJmio」「BIGLOBEモバイル」「イオンモバイル」「DMMモバイル」「LINEモバイル」「ワイモバイル」の10社。

サブブランドを第一候補に

これらの格安スマホ会社を大きく分類すると、「サブブランド」(ワイモバイルとUQ)と、「その他の会社」の2グループに分けられます

サブブランドというのは、乱暴にいうと大手キャリアのグループ会社が運営している格安スマホ会社のこと(ワイモバイルはソフトバンクの、UQモバイルはauのサブブランド)。それぞれの違いは↓のような感じ。

  • サブブランド=「料金はちょっと高いけど通信速度は速い」
  • その他の会社=「安くて縛りもゆるいけど、通信速度がやや不安定(とくに昼休みと17時~21時あたり)」
通信速度については速度計測サイトを見てみるとよくわかります。

各グループ内では料金やサービス内容はほぼ横並び

今回は、「今までのソフトバンクと変わらない使い勝手で安くしたい」という希望なので、サブブランド2社を第一候補にしつつ検討していくことに。

多少高くても今までと同じ感覚で使いたいからサブブランド2社を第一候補に

iPhoneがセットで安いところを探す

今まで使ってたのはソフトバンクのiPhone 5s。5sは基本的にSIMロック解除ができないので、5sのまま乗りかえる場合、ソフトバンク回線のあるLINEモバイルかmineoしか選べない(今回の候補の中では)。

5sのまま乗りかえられるのはソフトバンク回線のある会社だけ

その上、4年も使っててさすがにボロくなってきたし、この機会に新しくしたい。ということで各社のiPhoneの実質価格を比較。

安いのはワイモバイル・UQモバイル・BIGLOBEモバイルの3社でした。

ワイモバイル、UQモバイル、BIGLOBEモバイルは割り引きがあって安い

ということで、やっぱりワイモバイルかUQモバイルが最有力かなー・・・

LINEモバイル vs UQモバイル

と思ってたんだけど、速度測定サイトを久しぶりに見てたら、最近はじまったLINEモバイルのソフトバンクプランが結構速くて安定してる。LINEモバイルのシンプルさもちょっと気になってたのでUQモバイルと比較してみることに。

その結果、LINEモバイルも確かにいいんだけど料金が思ったほど変わらないし(というかUQのほうが少し安い)、iPhoneもUQの方が安い。ただ、iPhoneを買わない人にはLINEモバイル、全然アリだと思います。

UQモバイルの勝ち

最終決戦! ワイモバイル vs UQモバイル

ということで最終的にワイモバイルとUQモバイルのサブブランド決戦に。

サブブランド同士だからあんまり違いはなくて正直どっちでも良かったんだけど、UQの通話プランが自分の使い方にフィットしたのと、一度ソフトバンク以外の回線を使ってみたかったというよくわからない理由で、UQに決定!

UQモバイルの勝ち

乗りかえてこう変わった

最終的な料金はこんな感じ。

料金は8424円から1年目3650円・2年目4730円に

1年目は半額以下、2年目は半額にはならなかったけど、iPhone代も込みでこの料金なら満足でしょ。 それと、無料通話時間は無制限から120分/月に減っちゃったけどそんなに電話しないから問題ナシ。データ容量は5GBから9GBに増えました。